北九州の遺品整理・エンディングノート「花伝」|遺品整理士資格
093-652-6175 tn.kaden@gmail.com

エンディングノート

遺族に、お金や土地などの資産を残す手法である「遺言状」に対して、考えてきたことや気持ちを残す「エンディングノート」は、核家族化などを背景にとても注目されるようになってきました。

shojo_endingplanner

昨今、「終活」という言葉が盛んにメディアに登場しています。生前整理もその中の一つです。自身の終わりに向けて、誰にも迷惑をかけることなく、出来る範囲の事を終わらせておくこと。 「命の終わり」は誰にも必ず訪れ、全ての方が、家族や友人、大切な人との最後の別れに遭遇します。あなたに「今」その時が不意に訪れたとしたら……どうでしょうか?

私たち、資格を持った「遺品整理士」は、その仕事を通して、日々「人の死」を見つめています。さまざまな日常の中で「人の死」にふれることは、「その人の生」と向き合うことでもあります。それは、厳しく、残酷であり、また優しく、美しくもある、まぎれもない真実の姿です。

エンディングノートを記入することは、自分たちが、残された最愛の人たちに託せるもの、日ごろから想う“伝えたい本当の気持ち”を整理することにも繋がります。 今の気持ちでも、明日の想いでも構いません。 何度でも書き直し、書き加えても大丈夫です。 一言だけでも、一行でも構いません。 書きたい事だけでいいのです。

あなたの記した言葉が、残された方たちの生きる力になるはずです。 いつか、命の終わりが訪れた時、色々な人たちへの“愛する心”、感謝の心“、”本当の心“を伝える事が出来たら、どれほど幸せなことでしょう。 エンディングノートは、今と未来を紡ぐ手段の一つです、是非ご活用ください。

なお弊社では、ご要望(イベント・セミナー開催等)によりエンディングノートの無料配布も承っております。冊数に制限はございますが、お気軽にお問合せください。endingnote