若松へ御見積へ

本日、晴天の中、北九州市若松区のO様方へ御見積に伺いました。

ご依頼者様は関東dscn0694在住で、本日の為にわざわざのご帰省にて、ご実家の遺品整理でのご相談です。

思い出の品々に囲まれて、静寂の室内は、”この時”を待っていたかのような宿命を感じました。当然、他社様との相見積りとの事でしたが、弊社の立場、考え方等を丁寧にご説明させて頂きました。

数十年の時の経過は、物量の多さはもとより、それ以上に”思いの量”に圧倒されます。

処分せざるをえない物とは言え、その一つ一つがご依頼者様やご先祖様の人生を支え、励まし、愛してくれた、かけがえのない大切な品々です。けして粗末に扱うことはいたしません。

遠隔地にお住まいで、何かと制約のある中でのご依頼、逡巡されるかとは思いますが、何卒宜しく申しあげます。

ご縁を頂いたO様、今回は御見積頂き本当に有難うございました。